メンズ美容をはじめとした様々な情報を発信するブログ

ふみろん

海辺の髪が綺麗な女性

ヘアケア

髪を綺麗にしたいなら、アミノ酸シャンプーを選ぶべき理由

更新日:

 

結論

頭皮や髪のことを1番に考えるのであれば、アミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

 

シャンプーは、大まかに下記のように3つに分けることができます。
高級アルコール系」「石鹸系」「アミノ酸系」の3つです。
この記事では、それぞれのシャンプーの特徴について説明していきます。

 

高級アルコール系のシャンプーのメリットとデメリット

  • 価格が安く、洗浄力が高い
  • 皮脂を余計に洗い落としてしまうため頭皮のダメージになりやすい。
  • ラウリル硫酸Naやラウレス硫酸Naなど

 

市販で販売されている低価格商品のほとんどは、このタイプに属すのではないでしょうか。

高級アルコール系シャンプーは、頭皮がベタつく脂性肌の方にはオススメです。しかし、洗浄力が強いこともあり、皮脂を余計に洗い流しそれを補うためにさらに皮脂が出て、ベタつくということもあります。

現在、このタイプを使用している方で頭皮がベタつくなど不快感を感じる人は、一度下記で説明するアミノ酸系シャンプーを使用してみることをおすすめします。

 

高級アルコール系シャンプーは、お財布に優しいですが髪のことを考えると使うメリットは特にないです。

 

乾燥肌や敏感肌の方の使用は控えたほうがよろしいかと思います。

 

脂性肌の方でアミノ酸系のシャンプーを使うと洗浄力の弱さが原因で頭皮がベタつくという問題がある場合にこのタイプを使用することをおすすめします。

 

石鹸系のシャンプーのメリットとデメリット

  • 天然成分で肌に優しいためアレルギーの人でも使える
  • 洗浄力が高い
  • 環境に優しい
  • 泡立ちが悪い
  • 髪がきしみやすい

 

石鹸系ということで肌に優しいイメージを抱くかもしれませんが意外と刺激が強いです。頭皮への刺激に関しては、高級アルコール系よりマシといったところです。

 

洗い残しの石鹸カスがフケの原因にもなりやすいです。

 

石鹸系シャンプーをおすすめしない1番の理由は、アルカリ性であるがゆえキューティクルが傷つきやすくなり、髪がきしみやすくなることです。

 

アルカリ剤はカラーやパーマに使用されており、カラーやパーマをする時にアルカリ剤でキューティクルを広げその隙間からカラー剤、パーマ剤を浸透させます。

カラーやパーマが痛む原因はこのアルカリ剤にあります。

アルカリが髪内部に残留すると、ドライヤーの熱により化学変化起こし髪内部のタンパク質が溶け出しスカスカの髪になったり髪にダメージを与えてしまいます。

 

石鹸系シャンプーは、扱いが非常に難しいシャンプーです。

 

アミノ酸系のシャンプーのメリットとデメリット

  • ほどよい洗浄力で刺激が少ない
  • 保湿力があるため髪のパサツキを防げる
  • 価格が高い

 

アミノ酸系シャンプーは、なんと言っても頭皮、髪に優しいということでしょう。保湿力があるので、髪のパサツキも抑えられます

頭皮をケアしつつダメージ補修を可能とするのがアミノ酸系です。髪内部に水分を留めることができるため、くせ毛などの髪質の改善効果の期待もできます

 

アミノ酸系シャンプーのデメリットは、いい成分が含まれているものほど価格が高くなりやすいことです。

高品質な成分は価格が高いためどうしても販売価格は高くなってしまいます。

もし、今あなたがトリートメントに高いお金を払っているのであれば、シャンプーにこだわるべきです。

トリートメントより日々のシャンプーが髪のケアには非常に重要です。きれいな髪を保つにはトリートメントが大切だと考えている人は非常に多いのですが、それ以上にシャンプーが大切です。

 

アミノ酸系は、洗浄力の弱さが裏目に出ることもあるので、脂性肌の人でベタつきが残る場合は、2回シャンプーをしてあげると良いですよ。

 

高級アルコール系や石鹸系からアミノ酸系シャンプーに切り替えた場合も泡立ちの悪さが気になる場合があるので、そう言った方は2回シャンプーをしましょう。

1回目は軽く。2回目はいつも通りに。

整髪料を付けている場合にも2回のシャンプーは効果的です。

 

アミノ酸系シャンプーはくせ毛に効果があるのか

くせ毛は、髪の毛の乾燥や頭皮環境の悪さが原因ということが比較的多いです。髪の乾燥を防ぐ、頭皮環境を整えることで癖も落ち着いてきます。

 

私は、髪のうねりに悩んでいたため仕方なく縮毛矯正をかけていた時代もありました。

縮毛矯正って髪が固くなるし伸びてくると根本だけがうねって余計に不自然な感じになっちゃうんですよね...

 

そんな中、市販の高級系アルコールシャンプーからアミノ酸系シャンプーに切り替えたところ、、、泡立たないし微妙じゃない?って感じでした。

 

しかし、使っていくうちにだんだん泡立ってきました。

理由としては、髪のダメージや余計なシリコンが付着していたことです。
使い続けることで髪のダメージを防いだり髪に付着している余計な物質を洗い落としてくれます。

その結果、くせに悩むことも減り髪質が改善されました。

 

1ヶ月も続けると1回のシャンプーでも泡立ちが良くなってくると思います。
これは、髪が良い方向に向かっている証拠です。髪質の変化も感じられてくると思います。

 

アミノ酸系シャンプーを選ぶときの注意点

最近では、ドラッグストアなどに手頃な価格で販売されている商品もありますが、低価格の商品を購入する際は注意が必要です。
低コストでアミノ酸系シャンプーをつくるとなると、、、

アミノ酸系洗浄成分の配合量を少なくすることで洗浄力が落ち泡立ちが悪くなる

→洗浄力の高い高刺激の洗浄剤を混ぜる

→結果、アミノ酸系シャンプーなのに頭皮に悪影響

 

すべての安いアミノ酸系シャンプが上記の通りではないですが、このようなシャンプーは非常に多いです。
シャンプーで肌が荒れやすい、敏感肌の方は特に注意しましょう。

 

まとめ

頭皮にも髪にも良いシャンプーを選ぶならアミノ酸系を選ぶのがベストです。

 

ただし、肌質によっては合わない可能性もあるので注意しましょう。

 

おすすめのシャンプーについて書いていますので、良かったら参考にしてください。

ヘアケアコスメ
おすすめのサロン専売シャンプー|おすすめはアミノ酸シャンプー

続きを見る

-ヘアケア

Copyright© ふみろん , 2019 All Rights Reserved.